2007年09月30日

先生を生暖かく見守る会(15)

というわけで、レッドブルにもう1年残留決定の
われらがミスターペヤングもといクルサード先生を
今年1年もペヤングが冷めない距離で見守ろう!
...と、ちと意味不明気味だけどとにかく応援する。
そのわりには決勝前に豪快にご飯を食べて腹いっぱいで
ペヤング食えんかった不届きものの私である...■rz


※おそるおそる「モータースポーツ」カテゴリーで
 人気blogランキングにエントリー中。
 気が向いたらぽち、お願いします。

 

 

さてさて。
第15戦は富士。鈴鹿じゃなくて富士。
鈴鹿もときどき雨の中のレースになるけど
富士も降水確率がなかなか多いんじゃないか?
...というのを心配してたら案の定雨だった。


こんな雨の中、日本の神様たちは
揃いも揃ってハムのところに行ったんかってくらい
予選といい決勝といいハムがついていたというか
運に味方されたというか、逆の言い方をすると
ハム以外はあんまりツイてなかった。

フェラーリは何度入ったのか
よくわかんないくらいたくさんピットに入って
そうとう時間をロスしてしまったし、
フェッテルとウェバーはものすごいチャンスを
一瞬で水の泡にしてしまったし、
アロンソは勢いよくクラッシュしちゃうし
ホンダもトヨタもアグリさんちもいまひとつ
...あ、でもスパイカーは今回もなんか速かったし
リウッツィがいつの間にかポイントとったりとか
先生がまさかの4位(ばんざーい!)とか、
コバライネンがはじめての2位とか、
ハム以外にもツイてる人たちいたわ。


しかし、あんな雨の中のレースは
正直見てて気持ちのいいものじゃないすな。
今年はカナダでのクビサのクラッシュや
夏のFポンでのトレルイエのクラッシュを
見てしまったこともあって、
今までになくレースを見てて怖かった。
けが人出ませんように、死人が出ませんように
...妙に動悸が激しくなるのを感じながら見てた。
心臓に悪いような気もしてる。
もうレース観戦しない方がいいのかね?
救心必携かね?




そんなことはさておき。

先生の4位はうれしい。

でもさー、普段あまり好きじゃないとはいえ
先生のチームメイトのウェバーが残念で残念で。
2位走ってたときのアクシデントでリタイアなんて
日頃の行いが悪いからって言いたい気もするけど、
レッドブルがいつもポイントを取れるチームじゃないし
こういうときこそ点を稼いでほしかった。
3位を走ってたフェッテルにぶつけられたみたいで
ステアリング思いっきり投げてたよな、アイツ。
激怒してたんだろうなー。

ウェバーよ、レッドブル飲んで元気出せ。
中国とブラジルのことだけ考えろ。
フェッテル体育館の裏でシメたりすんなよー。

そういや。
リタイア後のフェッテルの背中も悔しそうだった。
号泣してないかなー、とか思って見てた。


さて、と。
これで木村の出るF1中継も終わったわけで
個人的にはひと安心すわ。

会場にいる皆さんが無事に帰られますように。
posted by のやまきのこ at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | Formula 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやー壮絶ですた。
富士を走ったことがあるから、うわわわわーとヒヤヒヤですたよ。
観客もあれじゃ水しぶきしか見えないんじゃなかったろうか…。
Posted by at 2007年10月01日 10:02
>鯖ちゃん

あの雨の中レースするなんてホントどうかしてますよね。
車載カメラの映像なんて見ても全然意味なかったし!
あとは観戦客の皆さん、寒さが何より心配でした...

それにしても。
走ったことがある、というのが気になるところです。
Posted by きのこ at 2007年10月02日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。