2006年10月25日

そして伝説へ ―タクとサコン ROUND18(2)―

もう何書いていいやらわからんくらい
すんばらしいオーバーテイクショーでふた。
去年の鈴鹿のキミたんや04年のアメリカの琢磨くんを
思い出しながらシュー様を見てた。
頭の中ではドラクエ3のエンディングの曲と
ブリヂストンのCMソングの「You are so beautiful」てのが
なぜか同時にぐるぐるめぐってた。

あれで最後のレースだなんて信じられんけど、
逆にいえばあれだけ走れるうちに引退というのが
昔のあだ名の「ターミネーター」っぽいというか
......なんか映画のターミネーターの最後らへんで
シュワルツェネッガーがI'll be backって言ったのと
ちょっとだぶった。なんでかは我ながら謎。
まあ、最後にあれだけ速かったから後悔してないだろう。
多分戻ってはこないとは思うけど、そのへんどうだろ?


※おそるおそる「モータースポーツ」カテゴリーで
 人気blogランキングにエントリー中。
 気が向いたらぽち、お願いします。




さて。
レースはマッサのポール・トゥ・ウィン。
あのレイトンハウスとガチャピンを足して2で割ったような
特製スーツのことを私は決して忘れないだろう。

アロンソは2位獲得、チャンピオンになった。
この人の走りはやっぱり好きじゃないけど
なんだかんだで今シーズン誰よりも危なげないとこが
すごいんだなーと思った。悔しいけどな。

バトンが3位。
この人の走りもアロンソ同様ワクワクが加速しないなー。
来年も勝つのかどうか生暖かく見てやろうかと思う。


来年以降のキミたんにはむちゃくちゃ期待してる。
この人の走りにはワクワクを加速させる力がある
...ような気がしてる。
バカみたいに速く、車を降りたら(自主規制)ってとこが
もう私のツボを直撃ですわ。

期待といえばアグリさんちも最後の最後でキラリと光った。
琢磨くんがあのクルマで10位なんてちょっとすごくない?
残念ながらコンストラクターは最下位だけど、
これは来年につなげてほしい流れだわ。
左近くんも来年はもっとキレた走りを見せてくれるさきっと。


いやー。
それにしても、先生......○| ̄|_
鈴鹿もたいがいだったけど今回も存在感なさすぎすよ!!
posted by のやまきのこ at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Formula 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
○| ̄|_

でわなく

■| ̄|_

が正しい。
Posted by たけのこ at 2006年10月26日 02:33
コメント放置スマソ。
あと、○→■の件、ご指摘どうも。
Posted by きのこ at 2006年11月20日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。