2010年10月17日

今年は日曜だけ鈴鹿に行ってきた

...当たり前田のクラッカー。
8日金曜夜の時点で「9日の東海地方は大雨」って予報で、
少なくとも2歳児のクリノッペにはハードすぎるだろうと鈴鹿入りを諦め、
9日朝、フリー走行の時間帯についったーで現地の状況を見たところ
不謹慎にも大笑い。だってありえないつぶやきの連続で

『○○のあたり、波のプールみたい』
『川ができてる』
『泥が流れ込んでる』
『**のピットで舟作って浮かべてる』
『ボートレースだ!!』

...そこ、ホントにF1走んのかよ、って思えば思うほど笑える。
実際見に行ってる人たちは間違いなくたまったもんじゃないはず。
午後になっても雨が弱くなることなんかなく予選中止も当然。
というわけで、2004年のように日曜朝に予選、昼に決勝という
1日で2日分楽しめるアーモンドグリコ的プログラムとなったわけ。

 

 

そしたら日曜はいい天気でいい気分。
F1速報のブースでセカンドクラブ帽子とけんさわさんの本を買い、
思ったより小柄で、でもすげーパワフルな生けんさわさんとがっちり握手。
「いやー私初観戦2004年なんすよー」
って思わず話したら
「台風女だな!」
って瞬時に返ってきてびっくりした。
そうそう、誰かに似てると思ったんだけど、けんさわさんの本の中で
どなたかが書いてた。そうだ、加藤鷹だ。

で、なんだかんだ飲んだり食ったりしてたらあっという間に国歌斉唱。
秋川さんの歌う国歌がまるで「♪オーソーレミーオ!」って聞こえた
...のはウソだけど、どことなくイタリアンな香りがした。


レースはチャンピオン争いとかを考えるとやっぱいまひとつ。
だってレッドブルのワンツーで3位アロンソだもんね、
これってまあ、しいて言えばマクラーレンがまた微妙に後退
っていうくらいじゃないすか。

ただ、日本人ががんばってたのが今回のレースの救い。
前半はあの素人目にも走らせにくそうなヒスパニアの左近くん。
あんな乗りにくそうなクルマで鶴さんやグロックに抜かれないよう
頑張ってるところはよーく見えた。
あいつがんばってたよ、テレビじゃあんまり映ってなかったけど。

で、カムイくん。
こっちはテレビでも登場した、ヘアピンでのオーバーテイクショー。
あんなにヘアピンで見せ場作るなんて、ヘアピンで観戦してた人は
さぞや大喜びだったでしょうな。ちょっと羨ましい。


あ、ちなみに今年は第1コーナーからS字くらいまでを見渡せる
あのあたりで観戦したすよ。
スタート直後に終わってしまったマッサがたそがれてるのが
見えて、思わず手を振っちまった。
ぐっしゃぐしゃになったうっちー車の後ろ姿もよく見えた。
でも、ペトロフに何が起こったのかはわかんなくて、気がつくと
壁に激突しててびっくりした。

まあ、そんなとこかな。
来年からはクリノッペも料金がかかってしまうお年ごろなので
間違いなく安い席で見るんだろうな。



※加藤鷹
 私がこの人を知ったのは『新橋ミュージックホール』を見たとき。

※新橋ミュージックホール
 ビートたけし・トータス松本・ユースケサンタマリアが出てた番組。
 多分音楽番組っぽいバラエティ。ダンディ坂野を初めて目撃した番組。
 ちなみに私はこの番組でジェニーいとうにハマった。

※セカンドクラブ帽子
 野球帽のど真ん中に大きく「2」と書いてあるだけの潔いデザイン。
 色は赤と紺の2種類。

※秋川さん
 秋川雅史。「千の風になって」でおなじみ。

※予選
 ほとんど見られまへんでした。
posted by のやまきのこ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。