2010年09月17日

ベルギーとイタリア終わってた

なんか最近ブログがどうでもよくなったきのこがきたー。

ベルギーもイタリアもフェッテルが勝ってないから
もうどうでもええわ。いや、そんなことはないけど。

フェラーリが速いとなんとなく見ていて安心するのは
私だけだろうか。
ていうか多分それってかつてシュー様がバカスカ勝ってたから
...だよなー。多分。
シュー様いなくなってからは全然そんなことないもんな。
今思うとキミたんよくチャンピオンになったよなーって思う。2007年。



キミたんきたーといえばラリージャパン。
北の大地でキミたんが走ってたのかと思うとなんかねー。
なんで鈴鹿じゃねえんだよ!とキレたくもなるわけで。
ショッピングセンターの中?でお客さんやら誰やら相手に
カートだなんて、F1のころの素っ気なさを考えるとありえん。
どんだけのびのびしてんだか。

あと、きたーといえば鈴鹿でまさか再びニックを見られるとは。
しかもまたザウバー。全くもうなんなんだろうか。
カムイなんかコテンパンにしちゃえ!いやカムイも負けんな。

どうでもいいけど、ニックの代わりのピレリのテストドライバーが
デ・ラ・ロサ兄さんじゃなくてグロージャン、というのが
気がかりというか兄さんあわれというか。

 
 

それよりきいてきいて。


今週のオートスポーツ。





まさかのオレさま烈伝



しかもまさかまさかのジャックたん



そろそろ我らがクルサード先生の出番じゃないすかね。


というわけで今、我が家はすげえ盛り上がっててそりゃもう、
押尾の刑が軽すぎるとか田代の変貌ぶりにがっかりとか
言ってる場合じゃないすよ。
posted by のやまきのこ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula 1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。